全身脱毛の内容の違い

全身脱毛という言葉を耳にすると、全身のムダ毛を脱毛できるように感じます。しかし、どこのサロンやクリニックでも、目に光が入ってトラブルになるのを避けるために、目の周りの施術はできません。顔の脱毛の場合は、おでこや頬、鼻の下など限られた部分だけが施術できる範囲になります。また、全身脱毛と宣伝していても、施術できる部位が限られていることがあります。

例えば、本格的に全身の脱毛をしようとすると、数十か所の部位の施術をしなければいけません。この施術にはとても時間がかかるために、中には全身の中でも腕や脚など目立つ部位だけの施術をしている所もあります。脱毛機の進化により、以前に比べれば施術にかかる時間は大幅に減りましたが、施術する範囲が広ければ広いほど時間がかかるためです。そのため、全身脱毛をするときには、どこまで施術できるかを、調べなければいけません。

つい、料金ばかりを比較して、安い所で施術したいと考えるのが人情ですが、安い所では施術時間の短縮のために、脱毛範囲が狭いことがあるので注意しましょう。特に、皮膚が薄く施術が難しい顔や、デリケートゾーンの脱毛は、全身脱毛でも施術できない設定になっている所が多いです。また、全身の脱毛を1回の施術で行うのか、上半身と下半身に分けて2回の施術で全身の1回分の脱毛をするのかによっても、通う回数が変わってきます。全身脱毛を始める前に比較して、自分に合った所を探しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *