永久脱毛の方法と特長

永久脱毛と一言で言っても実際には様々な脱毛方法があり、特徴もそれぞれ異なります。まず現在最も主流となっている永久脱毛の方法として、医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛があります。この二つはメカニズムはほぼ同じ脱毛方法ですが、前者は医療機関で、後者はエステサロンなどで行われており、機器の出力に差があります。いずれもレーザー、または光の作用で毛根に熱のダメージを与え、毛母細胞を破壊することで脱毛効果を得るというものです。

一度処理したムダ毛は基本的には半永久的に再生することはありません。医療レーザー脱毛で使用される機器の方がフラッシュ機器よりも高い出力で処理できるため、脱毛が完全に完了するまでにかかる回数が少ないという特徴があります。フラッシュ脱毛は脱毛完了までにかかる回数はやや多くなりますが、出力が弱めの機器を使用するため毛根に伝わる熱のダメージが少なく、比較的痛みを感じにくいという点がメリットとなっています。その他の永久脱毛の方法には、ニードル脱毛があります。

ニードル脱毛は医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛よりも以前から利用されている脱毛方法で、毛根一つ一つに針を刺し、そこに電流を流すことで毛根を破壊して脱毛効果を得るというものです。毛根一つずつに対し丁寧に処理していくため脱毛漏れがなく、確実に効果を得ることができる点がメリットですが、その分施術に時間がかかるという点が難点となります。また電流による痛みがかなり強いため、現在では以前ほどは利用されなくなっている現状があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *