医療脱毛当日の決まりとは

医療脱毛を受けるにあたって守るべき注意事項はいくつかあります。その中に当日の禁止事項があるのです。医療脱毛当日はレーザーを照射します。このレーザーは肌内部の黒い色をした毛母細胞にダメージを与えるわけです。

ただ、そうは言ってもそれほどの威力があるレーザーですから、照射後の肌は非常に乾燥、肌内部は非常に軽い火傷状態になっていることを頭に置いておきましょう。これを踏まえたうえで医療脱毛当日にしてはいけないことがあります。それが飲酒や激しい運動、そして入浴などの体を温める行為です。普段であれば体を温めるのは良いことなのですが、脱毛当日にNGなのはなぜなのでしょうか。

それは血行が良くなることで肌内部の軽い火傷が広がる恐れがあるからです。肌内部の軽い火傷が広がって肌が赤くなったり、炎症を起こす可能性があるのです。もちろんそうならないケースも多いですが、万が一火傷にでもなって跡が残ったら大変なので、施術当日の体を温める行為はさけましょう。また、服装にも注意しましょう。

服が肌に擦れるとそれが刺激となる可能性があります。腕や脚など擦れる可能性がある場合、綿やシルクなど擦れても肌に大きなダメージにならないような素材の服にするといいでしょう。また夏場など、紫外線の強い時期はその紫外線が肌への刺激となる可能性が高いので、露出の少ない服装にするとか、薄手のカーディガンなど一枚羽織れるものを用意しておくといいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *