針脱毛から主流派医療脱毛へ

ムダ毛を永久脱毛する手段としては、昔から行われている針を使用した脱毛と、医療脱毛の方法があります。いずれにしても毛のサイクルに合わせたお手入れで、効率のいい脱毛をすることができます。針を利用した脱毛は既に歴史的にも長いですし、確実にムダ毛を無くす方法でもあります。ですがムダ毛1本ごとを処理しますから、時間が長くかかります。

麻酔もなしに行う方法としては、痛みが強すぎて厳しいものがあります。ですが医療脱毛ならば施術にかかる時間は短いですし、レーザー照射時の痛みの刺激も軽度なものです。そんなこともあって現代においては、針ではなく、レーザーを用いた医療脱毛が主流になっています。皮膚の表面に医療レーザーを照射することによって、内側に存在するメラニン色素へと反応して、一瞬にして熱を発生させます。

黒いメラニンが豊富にあるムダ毛であれば、たくさんの熱が発生します。この仕組みに行って、皮膚深部に存在する毛乳頭や毛母までも、キチンと熱が到達する事になります。体毛を作る工場が、毛乳頭や毛母ですから、それが処理されることによってムダ毛はつくられなくなります。抜けては生えてを繰り返しているのが体毛であり、深部に存在するメラニンと毛乳頭のある体毛が接続している成長期に、レーザーでの熱が毛乳頭に及び、これによって脱毛効果があります。

毛と毛乳頭が離れていきますから、退行期や休止期のあいだだと脱毛されないことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *